👉トレードノート📝手書き記録1か月付け続けた全記録はこちら👈

【FX会社おすすめ】OANDAの素晴らしさをレビューする(スマホアプリが優秀)

サラリーマン兼業トレーダーのmitsuki(@mitsuki_fx)です。

先日こんなツイートをしました。

やっぱりOANDAのスマホアプリが
個人的に最も使い易い。

①チャート上でIFO注文
②チャート上で成行&OCO同時注文
③損切利食幅、枚数のデフォルト設定
④約定プッシュ通知
⑤1通貨単位〜取引可能

デメリットは
・スプレッドが高い
・チャート読み込みが遅い
この辺はGMOの方が優秀。
使い分けよう

実は、今までで10社ほどFX会社を使ってみたんですが、業者によって良い点・悪い点が結構あります。

その中で「OANDAが総合的に見てベストでしたよ」っていう結論。

なので、この記事ではOANDAの素晴らしさ(特にスマホアプリ)についてレビューします。

結論を一文に凝縮すると、

  • スマホアプリのチャート画面上で損切&利確設定がサクッとできてリスクリワードも損失金額も一目で把握できるのでマジで楽

って感じです。

(僕はトレードの際にリスクリワードロスカット時の損切金額を考えてトレードしているので、一度にすべて把握できるのはかなりありがたいです)

 

OANDA Japan

【OANDAのメリット】スマホアプリのここが使いやすい!

僕がOANDAのスマホアプリを「使っていて最高!」と思っているメリットは以下。

OANDAのスマホアプリのメリット
  • チャート上で「IFO注文」「成行&OCO同時注文」が可能
  • 損切り幅と利食い幅、枚数のデフォルト設定が可能
  • 約定プッシュ通知機能搭載(楽天FXのスマホアプリとかは通知がない!)
  • 通貨単位〜取引可能(GMOやDMMは1万通貨単位~と枚数が多め)

チャート上で「IFO注文」「成行&OCO同時注文」が可能

OANDAのスマホアプリはチャート上で、

  • IFO注文
  • 成行&OCO同時注文

が可能です。これがめちゃくちゃ使い易い!

成行&OCO同時注文

先に「成行&OCO同時注文」の画像です。

こんな感じで、OANDAのスマホアプリのチャート画面上で一度に設定できます!

「売り」「買い」のボタンをタップするだけで一度に表示・設定されるのでマジ便利です。

よく見ると分かりますが、pipsと金額も表示されてます。。。感動。。。!!

IFO注文

次にIFO注文です。

左側の文言が「売り注文」に代わってます。

さきほどの「成行&OCO同時注文」の状態から「売り注文」のレート位置を調整するだけで指値注文になります。

指値注文も逆指値注文も簡単に発注できます。

正直かなりラクチン。MT4とかだとスマホアプリの発注はちょっと面倒ですからね。。

損切り幅と利食い幅、枚数のデフォルト設定が可能

次に「損切り幅と利食い幅、枚数のデフォルト設定が可能」です。

画像を見れば一目瞭然です。

これも地味に便利で、

  • 自分のトレード時のロット数、利確と損切りの値幅(pips)

ってだいたい決まってるじゃないですか?

それをあらかじめ設定しておくだけで指値のセットが楽になるんですよね。

ただ、通貨ごとに個別設定とかは出来ないのが惜しい…!!

例えば、ドル円とポンド円のボラは違い過ぎるので、もっと柔軟に設定出来たら100点満点でしたね!

約定プッシュ通知機能搭載(楽天FXのスマホアプリとかは通知がない!)

取引所やFXのアプリによってはプッシュ通知がないやつがあって、いつ約定したか分からないのでかなり不便。

昔使っていた楽天FXとかはメール通知しかないみたいで、スマホFXがメインの自分としては不満でした。。。

でもOANDAのスマホアプリは普通にプッシュ通知対応なので問題なしです。即乗り換えました。

この辺はGMOクリック証券のFXネオとかも対応してますね。

OANDAは1通貨単位から取引可能で検証、練習トレードにもってこい

OANDAは最低1通貨から取引可能です。超少額なので練習・検証トレードにはもってこいな感じです。

ちなみに、1通貨取引ができる国内取引所はたしかOANDAとSBIFXだけです。

GMOクリック証券やDMMFXも使い易いけど、最低10,000通貨からなので負けた時の額がサラリーマンには結構厳しいんですよね。。

なので、

  • トレードの検証を少額からやってみたい!

という方にも結構マッチするかなというところ。

【OANDAのデメリット】スマホアプリのこのへんはイマイチ。。

逆に、使っていて「ココもうちょっとな~改善してくれたら最高なのにな~」という部分。

OANDAのスマホアプリのデメリット
  • スプレッドが他と比べて高い(海外業者よりは断然安いけど、やっぱりちょっとネック)
  • チャート開いたときの読み込みが遅い(この辺はGMOとかに軍配が上がる)
  • テクニカル分析ツールは平均レベルの使いやすさ

スプレッドが他と比べて高い

OANDAは他の国内業者と比べてややスプレッドが高いです。こんな感じ↓

OANDA GMOクリック証券 DMMFX
ドル円 0.4pips 0.3pips 0.3pips
ユーロドル 0.5pips 0.4pips 0.4pips
ユーロ円 0.7pips 0.5pips 0.5pips
ポンド円 1.4pips 1.0pips 1.0pips

スプレッドの安さを求める場合は安定感のあるGMOクリック証券やDMMFXの方が良いですね!

トレードスタイルがスキャルピングだと0.1pipsが死活問題になることも多いですし、そういったニーズを満たす場合にはワンタップ注文できるGMOクリック証券がいいかな…といったところ。

チャート開いたときの読み込みが遅い

個人の感想レベルですが、スマホアプリのチャート開いたときの読み込みが若干モッサリしてるなぁ、、、といった感触です。

GMOクリック証券が最速サクサク、OANDAとMT4が同じ感じといった感触です。

スキャルピングだと結構な致命傷ですが、自分のトレードスタイルはデイ~スイングなのでここは目をつぶっています。

というかGMOが優秀過ぎる気がする。

テクニカル分析ツールは平均レベルの使いやすさ

これも細かい点で許容範囲ではありますが、ラインを引くときに拡大鏡が無いのがちょっと使いづらいな…という感じ。

GMOクリック証券のスマホアプリの場合

こんな感じで、拡大鏡が表示されるのでラインをしっかり引きやすいです。

MT4と同じですね。

OANDAのスマホアプリ

こっちがOANDAのスマホアプリです。

始点が拡大されないのでちょっと使いづらい。。

とは言え自分はトレーディングビューでテクニカル分析をしているのでこちらも許容範囲としています。

全部に完璧を求めていたら永遠にトレードできないですね…(笑)

まとめ:総合的に見るとやっぱりOANDAのスマホアプリが一番使い易い

総合的に見ると、

  • ◎:スマホアプリが超絶使い易い
  • 〇:プッシュ通知は普通に搭載
  • △:スプレッドはちょっと高め

あたりを加味してOANDAが個人的ベストという総合評価に至りました。

気になった方はデモトレードも出来るので、是非とも操作感を確認してみてください!

OANDA Japan

 

以上、

「【FX会社おすすめ】OANDAの素晴らしさをレビューする(スマホアプリが優秀)」

でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です