👉トレードノート📝手書き記録1か月付け続けた全記録はこちら👈

仮想通貨 MyEtherWallet送金時の「(error_36) チェックサムが付いていません。」とは?対処法

MyEtherWallet送金時に

(error_36) チェックサムが付いていません。

というエラーメッセージが出て気になったので調べました。

ETH_チェックサムが付いていません_2

結論としてはそのまま送金しても問題ありませんでした。

チェックサムとは

データの信頼性を確認するためのチェック方法のひとつ。

データを送受信する際、

正しくデータが送信できたかどうかの確認に使われる。

引用:コトバンク

チェックサムとはデータの信頼性をチェックする用語で、送受信の際に誤りを検出してくれる仕組みのことです。

チェックサムには送金アドレスに大文字アルファベットが必要

チェックサムが有効になるには条件があって、

送金先アドレスに大文字アルファベットが入っていることが必要です。
(チェックサムの仕組み上、大文字アルファベットが必要なので)

ただ、送金アドレスってランダムに生成されるので、意図的に大文字アルファベットを入れられないんですよね…

MyEtherWalletからBinanceへ送金してみた

ETH_チェックサムが付いていません

とは言え送金しないとBinanceで草コインが購入できないので、

とりあえずビビらずに送金してみました。

結果的に送金できたので問題なし

結果的には無事送金できたので問題ありませんでした。

ただ、送金時にはきちんと目視確認して、

  • アドレスが誤っていないか
  • うっかりマウスを触って文字を消したりしていないか
  • そもそも送金先の銘柄が合っているか(今回はETH)

を確認することは重要です。

せっかくの仮想通貨が自分のケアレスミスで無くなるほど悲しいことは無いですからね(遠い目)

 

「何かよく分からないエラーが出てるから怖くて送金できない…」

という場合の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です