👉トレードノート📝手書き記録1か月付け続けた全記録はこちら👈

FXトレードノートを手書きで記録していく【2/20】

サラリーマン兼業トレーダーのmitsuki(@mitsuki_fx)です。

MEMO
この記事は自分のトレード成長記録付けのための「FXトレードノートを手書きで記録していく【2/20】」です。

今週もトレード内容を記録します。

トレード記録付けの目的

トレード記録付けの目的
  • ルール通りのトレードを繰り返して、正しいトレードを習慣付けするため
  • 習慣付けする事で、トレードにエネルギーを消費しない体質になるため
  • 習慣付けすることで、仕事とFXを並行稼働できるようになるため
  • トレードPDCAを繰り返し、トレード力を向上させるため
  • リスクリワードと勝率を確保した、トータルで勝てるトレードスキルを身に着けるため

今週のトレード方針

今週のトレード方針は以下のとおり。

FXトレードノートを手書きで記録していく【2/20】

豪ドル/円 ロング 利確 手法:上昇トレンド中のネックライン割れをダマシとしたロング

エントリー時に見ていたチャート

成行で即時エントリーしたため、なし

結果

トレード内容

トレード内容
  • 2019/2/20 21:44:11 豪ドル/円 買 79.15000 → 79.29700
  • 5000枚 14.7 pips 735 円
  • リスクリワード 2.16
  • 保有時間 0日0時間30分 IN マーケット OUT マーケット
  • トレード足 60
  • 手法 上昇トレンド中のネックライン割れダマシロング

エントリー理由

上昇トレンド中のネックライン割れダマシロング

損切設定

安値割れ

利確設定

三尊右肩ラインの手前

エグジット理由

利確設定どおり

トレード時のメンタル(良好・普通・不良)

不良

トレード時の感情

筋トレ中のインターバルでインしたが、プラン外のため感情は揺れていた

良かった点

良かった点
  • 上昇トレンド中の水平ライン割れを押し目としてロングする手法が初めてできたこと

悪かった点

悪かった点
  • 急なエントリーだったため、ロット設定を誤り、1/3にしてしまった
  • メンタルが安定していなかった(恐らく損切りを引きづっている)
  • プラン外だった(筋トレ中のインターバルに急にエントリーする)

考察

上昇トレンド後の短期足でのネックライン割れは、押し目となって、且つ、ネックライン割れで突っ込んだショーターのギブアップ手仕舞いを巻き込んで上昇するケースが多い。

このケースは定性的に多いと感じていたが、今まではエントリーすることが出来なかった。

今回、始めてきちんとエントリーできたので、その点については非常に良かった。

一方で、メンタルが安定していない状態だったため、長い時間を掛けての改善が必要。

未エントリーについても記録する

今朝、こんなツイートをしました。

僕は2018/7/5から為替トレードに着手していますが、上手くならない原因は「正しい振り返りが出来ていない」と考えています。

正しい振り返りとは、

  • エントリーしたトレードの結果とその後の値動き
  • エントリーしなかったエアトレードの結果とその後の値動き

この2つを確認して、どうすれば勝てたのか、そもそもトレードすべきでなかったのか。

これらについて、全トレード整理して仕分けをしていく行為が必要だと現在は認識しています。

MEMO
学校のテスト採点結果を振り返って復習するのと同じ(自分はその作業苦手だった)

エントリーに至らなかったトレードについて

ということで、エントリーに至らなかったトレードについても記録していきます。

未エントリー ユーロドル ショート 結果:利確到達

ユーロドルについては指値を途中で外して静観としました。

結果は「利確出来ていたトレード」でした。

見送りした理由は、ドル円が丁度下落しそうだったため。

逆相関のユーロドルが上抜けると損切を巻き込んで上昇するな、というリスクから指値を外し見送りとしました。

15分足でも揉んでいたので、ロスカットでの上抜けを懸念。

メンタル的には上がってきたから逃げたい、という思いが強かったと記憶しています。

然しながら、「チャートの右側は分からない」ので、ローソク足の値動きから判断材料を抽出できない限りは「逃げたい」とか「考える」とかは無意味なので、この指値解除は感情を優先した良くない行為、という評価です。

 

エントリー自体に躊躇することと、ポジション保持中にチャートを見てあれこれ考える事は意味が無い。本当に意味が無い。

これがまだ理解しきれていないので、継続して実施します。

未エントリー ポンド円 ロング 結果:利確到達

指値が届かず上昇していったトレード。

見立ては合っていたが、この前にもう少し上に置いていた指値をいったん引き付ける形で置き直した。

結果はどちらも掛からず。これは致し方なしか、というところ。

ただ、「指さらなかったトレード」はメンタルを消耗するので、リスクリワード2が取れる見立てなら、「欲張りすぎて底を取りに行く」よりは「RR2が取れる合理的な位置で取る」方が良いのかも。

ここもまだ経験値が詰めていないので、淡々と継続します。

気になったツイートたち

気になったことや出来事をつらつらと

実トレード以外も記録してみる

今日から実トレード以外の「エアトレード」「入れなかったトレード」についてもトレーディングビュー上で記録することにした。

意味があるかはやってみないと分からないが、やれば何かアイデアは出てくるという事は分かっている。

とりあえず、3週間くらいをめどに実施着手です。

トレードは、一寸先は闇の世界

今見ているチャートは、1分後には上髭を急激につけているかもしれないし、とにかくわからない。

チャートの形状から判断できないし、する必要も実はあまりない、というのが今のところの結論。

つまり自分はひたすら期待値の高いところで、リスクリワードと勝率を取るだけ。

損切は利確だし、利確は損切り。

改めてそう感じさせられた一日だった。

明日からまたメンタルを平坦にして、コツコツ進めていきます。

決して急がないし、やめないし。といった感じ。

 

つづきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です