👉トレードノート📝手書き記録1か月付け続けた全記録はこちら👈

FXトレードノートを手書きで記録していく【2/18~2/22振り返り】

サラリーマン兼業トレーダーのmitsuki(@mitsuki_fx)です。

MEMO
この記事は自分のトレード成長記録付けのための「FXトレードノートを手書きで記録していく【2/18~2/22】」です。

トレードノート手書き記録を開始して3週間が経過しました。

今週も、トレードノートを読み直しながらトレード内容を振り返ります。

改めて「目標ベースで作業しなきゃだめだ!」と痛感した振り返りになってます。

今週のFXトレード目標の達成度について振り返る

2/18-2/22のFXトレードの目標は以下のとおりです。

「方針」と言っているあたり、曖昧過ぎて減点って感じです。

  1. 逆指値エントリーでRR2見積もれた場合はイン  →達成
  2. レジブレイク後、再度の更新タイミングでイン(3波確定) →達成
  3. 二番底、二番天井はイン →未達成
  4. 指値インは「ここかな」と思ったもう一段奥を検討 →未達成
  5. イン指値は時間とプライスアクションで柔軟に変更 →未達成

逆指値エントリーでRR2見積もれた場合はイン【達成】

逆指値エントリーは今週4回実施しました。

結果は1勝3敗、利確トレードもRR2未達。

「安易な逆指値RR2見積もり」が多かったと言える。

目標設定に対しては「達成」だが、内容は良くない。

 

逆指値は、

  • トレンドフォロー手法での下位足の方向性が濃厚になる場所
  • レジブレイクでレートが走る位置が分かっている場所

こういった位置でのエントリーに有効な認識です。

 

それに対して、2/18の14トレード目などは最悪のトレードです。

→逆指値使ってるけど、ほかの根拠が悪すぎる。16トレード目はインは悪くないのでOK(利確位置失敗してるけど)

これはポジポジ病というか、新しい事試したい言い訳エントリーなので、今後は発生率を下げます。

 

最終的には「逆指値を使って勝てたか?」が重要なので、データは引き続き「正しいエントリーのものを」蓄積。

レジブレイク後、再度の更新タイミングでイン(3波確定)【達成】

逆指値とほぼ同じだが、こちらはさらに副次波の方向性確定まで待つパターン。

具体的なトレードで言うと、2/22の17トレード目が該当。

あとは、2/13の11トレード目も該当している。

→3波確定は今後も強そうなので、引き続きデータ蓄積。

二番底、二番天井はイン【未達成】

二番底、二番天井はインは未達成でした。

以下が、当週で認識した「二番底パターン」で、見ていたがエントリーしなかった対象です。

当時の感情としては、仕事中の昼休憩で勉強中だったので、チラッとチャートを見た際に「あーまぁいいや」と感じて辞めてしまった。

自分の感情と相場の状態は無関係なので、感情ベースでのエントリー見送りは基本的にNG。見逃し率を下げてエントリー率を高めたい所。

指値インは「ここかな」と思ったもう一段奥を検討【未達成】

指値インは、今週は安易なレンジトレードをしてしまったので、未達成です。

対象は2/21の19トレード目

これはもう何も言うことが無いレベルでダメトレードで、そもそも目標が定性的なので評価もできません。

目標設定の方法が来週の課題に見えてきたぞ。

イン指値は時間とプライスアクションで柔軟に変更【未達成】

これも言う事なし。目標が曖昧で、振り返りすらできません。

FXトレード結果のサマリ【2/18~2/22】

トレード結果のサマリは以下の通り。

当週:8戦3勝5敗 勝率37.5% -15pips -1,789円

  • トレード数:8
  • 利確:3
  • 損切:5
  • 勝率:37.5%
  • 損益 -15.0pips -1,789円
  • 全体見積リスクリワード:2.30
  • 利確実績リスクリワード:1.51
  • 全体実績リスクリワード:0.57

今週は、リスクリワード2.0以上勝率34%を上回りましたが、トータルでマイナスになりました。

理由は、「ロット誤り:1回」と「週末持越し回避の手仕舞い:1回」により、実績リスクリワードが2.0を下回ったため。

全期間:21戦7勝14敗 勝率33.3% -23.8pips -2,350円

  • トレード数:21
  • 利確:7
  • 損切:14
  • 勝率:33.3%
  • 損益 -23.8pips -2,350円
  • 全体見積リスクリワード:2.32
  • 利確実績リスクリワード:1.90
  • 全体実績リスクリワード:0.63

全期間については、リスクリワード2.0以上勝率34%を下回り、トータルもマイナスになりました。

あと9トレードで30トレード目という一旦の節目を迎えるといったところです。

今週のFXトレード:所感的な内容

良かった点:トレード記録が完全に生活に組み込まれた

良かった点
  • トレード記録が完全に生活に組み込まれた(以下が習慣に)
    • 日中トレード、TwitterでOCO位置やその時の相場観を随時記録
    • 手仕舞い後に手書きでトレードノートを記録、ブログにUP
    • 翌朝、「その後の動き」を確認、ブログに追記
    • 追記したブログを元に、昨日の振り返りと本日の見立てを動画に記録
    • 出勤中の電車内で動画を視聴、振り返りを実施

良かった点として、

  • トレード記録が完全に組み込まれた

ことが挙げられる。

上記の作業が3週間のトレード記録から確立されてきたので、来週から日々実施する。

悪かった点:ローソク足未確定トレードと浅い指値のレンジトレードはNG

悪かった点
  • 14トレード目のローソク足未確定のトレード(やってはいけない)
  • 19トレード目の安易な浅い指値レンジトレード(やってはいけない)

この2つが今週のワーストトレードです。やる価値無し。

来週からはこのような低品質トレードの発生率を下げたいところ(対策は?)

仕事中のFXトレードでチャートをチラチラ見てしまう現象の改善

仕事中のFXトレードでチャートをチラチラ見てしまう現象の改善について、

  • リマインダーにチャートチェックポイントを設定

した。画像参照。

僕は「仕事中にFXを完全並行し、仕事もFXも成果を出す」事を目標にしていますが、

チャンスを逃した後に未練が残っているケースが多いと定性的に感じています。

対策として、

  • 1時間に1回はチャートを確認し、そのタームで見つけたチャンスは逃さない、それ以外は捨てる

という習慣をつける。

これにより、

  • 定期的なチャート確認によるチャンス回収率の向上
  • 際限なくチャートを見てしまう状況の発生確率低下

を狙う。

更に、「1時間に1回チャートを見る」事で、それ以外の時間に仕事を集中して片付けるというメリットも期待していく。

今週のトレードごと振り返り:チャート画像貼り付けメモのみ

14トレード目 ポンド円 ショート 損切り

15トレード目 ドル円 ショート 損切り

16トレード目 ポンド円 ショート 損切り

17トレード目 ユーロ円 ロング 利確

18トレード目 豪ドル円 ロング 利確

19トレード目 ユーロドル ロング 損切り

20トレード目 ポンド円 ロング 利確

21トレード目 ドル円 ショート 損切り

余談

トレード記録のあり方について先週考えて実施した結果

先週のトレード記録振り返りまとめ(2/11-2/15)では以下のような内容を書いていました。

「トレード記録気持ちいい病」になっていたので、今週からは

  • なるべく目標設定して振り返りやすいようにする(結果は曖昧だった)
  • ブログをUPした翌日の朝に動画を取って、通勤電車で振り返りする(かなりよい)

なんていう対策を取りました。

結果的には、定性的ですが2つ目の動画振り返りはかなり良くて、その時の感情やチャートが思い出されるので、このまま継続してトレード成績が向上するのか?を見ていきたいと思っています。

ツイッターでの自分の発言の回収率は?

振り返りってかなりパワー使います。

上記はおおむね出来ているけど、こういうツイート、自分を追い込んでるので良くないな

(完全な余談というか、思考の整理用の文字です。)

 

つづきます。

FXトレードノートを手書きで記録していく【まとめ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です