👉トレードノート📝手書き記録1か月付け続けた全記録はこちら👈

FXトレードノートを手書きで記録していく【2/11~2/15振り返り】

サラリーマン兼業トレーダーのmitsuki(@mitsuki_fx)です。

MEMO
この記事は自分のトレード成長記録付けのための「FXトレードノートを手書きで記録していく【2/11~2/15】」です。

トレードノート手書き記録を開始して2週間が経過しました。

ということで、トレードノートを読み直しながら今週のトレード内容を振り返ります。

ブログにアウトプットするタイミングで振り返りになるので、良い感じです。

FXトレードノートを手書きで記録していく【2/11~2/15】

トレード結果のサマリは以下の通り。

当週

  • トレード数:6
  • 利確:1
  • 損切:5
  • 勝率:16.7%
  • 損益 -38.2pips -2,689円
  • 平均見積リスクリワード:2.44

今週は、リスクリワード2.0以上勝率34%を下回ったため、トータルでマイナスになりました。

全期間

  • トレード数:13
  • 利確:4
  • 損切:9
  • 勝率:30.8%
  • 損益 -8.8pips -561円
  • 平均見積リスクリワード:2.33

全期間についても、リスクリワード2.0以上勝率34%を下回ったため、トータルでマイナスになりました。

良かった点

良かった点
  • トレード記録が習慣になって、書く事が苦ではなくなってきた
  • 「損切は費用」という考えが自分の中で浸透してきた、損切りしてもメンタルがぶれなくなった
  • 毎日チャート見ても苦しくなくなった、FXと仕事が同時並行できるようになった

悪かった点

悪かった点
  • 勝率が悪かった
  • 根拠の低いトレードが多かった(短い波動を見すぎ)
  • クロス円とドルストの相関はあまり役に立たなかった

今週のトレードごと振り返り

8トレード目 ドル円 ショート 損切り

ペナント上限のショートだが、直前のWボトムが下髭をつけていることと、長期サポートに沿うように形成されていた。

ターゲット的にはネックラインまでだが、上に行った際は一気に行くと推察できなかったか?

9、10トレード目 ユロル ショート 損切り

ユロルは長期サポートでの戻り売り狙いで2度損切り。

2度目はともかく、1度目は早すぎてダメなトレードなのは明らか。

この9トレード目を除外するだけでも勝率はあがるので、短い足でのトレードは慎む。

11トレード目 ポンド円 ロング 利確

今週唯一の利確。レジライン上抜け後、2度目の高値更新での逆指値ができた。

直前にAUDJPYの上昇がフラグだったので、そのタイミングでもっと早くエントリーするのもありだった。

この品質のトレードを増やしたいところ。

12トレード目 豪ドル円 ショート 損切り

これは良くないトレード。移動平均線がまだ帯び広がりなので、上昇するパターンの方が強い。

Wトップネックラインを割っても髭で戻しており、そのままもう一段5波。

最終的には利確設定まで落ちて、そこでWボトムをつけて上昇したので、むしろこっちを狙うべきだった。

13トレード目 ドル円 ロング 損切り

サポートラインで丁寧に刺したが、底で損切り。

「自分の感覚よりもう一歩奥に時間をかけてくる」ことが多い。

自分の感覚=大衆の負ける感覚に近いのだなというところ。これをズラすのが中々難しい。

ただ、やってみないと分からないので、来週はズラしを徹底してやってみるか?

トレード記録のあり方について今一度考える必要がある

自分は何を目指しているのか?どうあるべきか?

トレード、相場は自由ですべてを自分で決めなければならない。

少し考えを巡らせます。

 

つづきます。

FXトレードノートを手書きで記録していく【まとめ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です