👉トレードノート📝手書き記録1か月付け続けた全記録はこちら👈

【FXトレード記録】ヒドゥンダイバージェンスで順張り【1月14日~18日】

サラリーマン兼業トレーダーのmitsuki(@mitsuki_fx)です。

今週はプライベートが忙しかったこともあり1トレードのみでした。

振り返りの為に書き残していきます。

今週のFXトレード記録

FXトレード記録 成績

ドル/円 +35pips +10800円

FXトレード記録 手法

今回のトレードで使った手法はヒドゥンダイバージェンスでした。

ヒドゥンダイバージェンスとは、「チャートは上昇しているのにオシレーターは下落している状態」です。

ヒドゥンダイバージェンストレンド発生時の押し目として機能しやすいです。

なので、順張りでのインタイミングとして使用しました。

FXトレード記録 エントリー根拠

ヒドゥンダイバージェンスだけではトレード根拠として弱いため、+αの要素として以下を考えていました。

POINT
  1. チャネルラインの下限であること
  2. 水平ラインも機能していること
  3. ローソク足がダブルボトムを形成しつつあること

上記のような複数根拠が観測できたため、このタイミングでロングをエントリーしました。

FXトレード記録 イグジット根拠

イグジットは赤矢印のローソク足でしたが、かなり早めに利食い指値を置いていたため、利益を伸ばせませんでした。

久しぶりのトレードだったので、

利益が減るのも嫌だし、あまり長く持ちたくないな…

という気持ちがかなり強かったです。

「プロスペクト理論」ですね。利確をもっと長くするためにはきちんとした練習が必要そうです。

まだトレード始めて半年なので、ゆっくり鍛えていきたいところ。

FXトレード記録 考察

2019年1月3日にクロス円での急落が発生しました。

急落の原因は知りませんが(ファンダメンタルズはほぼ考慮しない為)、

チャートとしては安値を大きく切り下げたため、かなり下目線が強くなりました。

ただし、そこから2週間かけて徐々に上昇していったため、途中から売り圧無しと判断し、上目線に切り替え。

そこからは、短期のトレンドフォローが良いと考えました。

その結果、今回のヒドゥンダイバージェンスでのトレード・利食いに繋がったと思います。

FXトレード記録 まとめ

POINT
  • ヒドゥンダイバージェンスはトレンドフォローの手法
  • 一つの根拠でエントリーはせず、複数根拠が観測できた場合にエントリーする
  • 利確は今後の課題。ゆっくり経験を積んでいけばOK

来週も、きちんと根拠を観測した上でトレードしましょう!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です