👉トレードノート📝手書き記録1か月付け続けた全記録はこちら👈

【FXの勉強意味ない】凡人に独学は無理ゲー。FXの師匠を見つけて盲信すべき

FXを独学で学ぶのは、ほぼ無理ゲーです。

自己流での勉強は意味がないので、さっさと負けを認めて、プライドを捨てて、FXの師匠を見つけましょう。

そうしないと、気付かないうちに大量の時間とお金を垂れ流すことになりますよ。

 

こんにちは、兼業トレーダーのミツキ(@mitsuki_fx)です。

 

ミツキ

僕は最初、変なプライドから自己流でトレードの練習を続けて、非効率な時間を過ごしてしまいました。めちゃくちゃ後悔しています。この記事は、そんな昔の自分に向けて書いています

最初に結論を言うと、

  • 凡人にFXの独学はほぼ無理なので、勝っているトレーダーを先生(師匠)にするべき(正しいトレードの定義)
  • 「自分の考え」は全て間違っているので、自己否定を徹底すること(勘違いを認める)
  • 先生(師匠)は一人だけにして、他の知識・情報を遮断すること(トレードをシンプルにする)

という感じです。

 

そんなわけで、今回は

【FXの勉強意味ない】凡人に独学は無理ゲー。FXの師匠を見つけて盲信すべき

について書いていきます。

【FXの勉強意味ない】凡人に独学は無理ゲー。FXの師匠を見つけて盲信すべき

FXは、世界一難しい仕事と言われています。

天才たちが相場で殺し合っている世界で、凡人がFXを攻略するのはほぼ無理ゲーです。

「でも、ちゃんとトレードを練習して、トレードノートを書き続ければいつか勝てるようになるんじゃないの?」

最初は僕もそう考えていました。

 

そう考えていたので、トレードノートを毎日手書きで書いたり、

Twitterでひたすら相場観を発信して努力していました。独学で。

 

でも、これは間違っていました。

 

「正しいトレードが何かもわからないのにいくら練習しても上達は見込めない。」

あるときそう気付いたのです。

実際に勝っているFXトレーダーを先生(師匠)にするべき(正しいトレードの定義)

努力は正しい方向にしないと意味が無いです。

では正しい努力とは何か?

それは、

「正解のトレードを提示してくれる先生(師匠)を用意すること」

です。

「正しいトレードかどうかが評価できる環境に身を置くこと」

と言ってもよいですね。

 

例えば英語を習得するときって

  • 英会話教室に通い、先生に教えを請う
  • 英会話教室で常にフィードバックを貰い正しい英語を習得する

のが正攻法です。

独学だと「自分が今やっていることが合っているのか?」が不明確になります。

 

FXトレードもこれと同じです。

  • FXトレードの先生を見つけ、教えを請う
  • 正しいトレードスキルを習得する

FXは世界で一番難しい仕事なのに、独学で正しい方法を習得するのはムリゲーです。

よく、「相場で勝てるようになるまで10年近くかかった」というトレーダーがいますが、正直10年も待てないですよね。

であれば、最速で正しいトレードを身に付けるのは、その道のプロに習うのが一番です。

 

でも、1年前の自分は無駄なプライドが邪魔してそれができませんでした。

「自分の考え」は全て間違っているので、自己否定を徹底すること(勘違いを認める)

事実として、トレード成績がトータルでマイナスなら、「自分の考え」というものは間違っています。

今すぐ勘違いを認め、「自分は負けトレーダーで、全て間違っている」と考えるべきです。

いつまでも

  • トータルで勝てばいいんだから(トータルの勝ちは来ません)
  • 今は負けてるけど、練習していけば勝てるようになる(正しい練習しないと意味ないです)

なんていう幻想を抱くのはやめましょう。

先生(師匠)は一人だけにして、他の知識・情報を遮断すること(トレードをシンプルにする)

これも重要な考えです。

トレードが上手くなりたければ、一人の先生を盲信して、他の情報はシャットアウトしましょう。

「手法の寄せ集め」は「勝てないごみ手法」です。

勝っているトレーダーは、一つの手法で淡々とトレードを行います。

一つの手法に限定することで、確率の世界を制し、トータルで勝ちを得る事ができます。

ミツキ

僕はこれがずっとできなくて、いろんな手法を自分の都合の良いように試しては負け続けていました。

もし、いまあなたが手法を複数持っている負けトレーダーなら、ただ一つを残して、一つの手法に魂を売りましょう。

【FXの勉強意味ない】凡人に独学は無理ゲー。FXの師匠を見つけて盲信すべき まとめ

まとめます。

  • 凡人にFXの独学はほぼ無理なので、勝っているトレーダーを先生(師匠)にするべき(正しいトレードの定義)
  • 「自分の考え」は全て間違っているので、自己否定を徹底すること(勘違いを認める)
  • 先生(師匠)は一人だけにして、他の知識・情報を遮断すること(トレードをシンプルにする)

まず、「自分は負けトレーダーなので、考えは全て誤り」という事を肝に銘じる。

そして、勝っているトレーダーを師匠とし、師匠の言う事を盲信する。ほかに考える余地を入れない。

そのうえで、師匠の教えを守ってトレードの研鑽に励む。正しいトレードの練習ができる。

 

変なプライドや自己流のこだわりを持っていると、これがなかなか出来ないです。

今すぐプライドを捨てて、勝ちトレーダーになるべく「自分のトレードの師匠」を見つけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です